引越しでベッドだけを頼んだ料金相場※ベッドのサイズ別料金表

引越し業者にベッドを頼んだ際の相場についてご案内します。料金に関しては廊下を通ることができるのかも関係してきます。

廊下を通ることができないのであれば一度解体をする必要があります。解体できないベッドであればクレーンにより吊り上げでベランダからの搬入出作業が必要となります。

どの方法で引越しをするかによって料金が異なってくるのですね。大抵は通路よりもサイズが大きいので解体または吊り上げによる方法が一般的です。

そのため、ベッドの引越しに関してはレンタカーなどではおこなえず、引越し業者にお願いすることになります。

ベッドを引越す際は基本的に解体して運びます。

引越し業者にベッドを頼んだときの料金相場

ベットと言えどサイズは様々です。
シングルベッドからセミダブルベッド、ダブルベッド、クイーンサイズ、キングサイズと大きくなるにつれ重さも増すので引越し料金は高くなってきます。

それではそれぞれいくらぐらいの金額がかかるものなのでしょうか?

サイズ 料金
シングルベッド 7500円
セミダブルベッド 8500円
ダブルベッド 9500円

普通に引越し業者にベッドだけをお願いした際の料金は7000円前後します。ソファベッドであればサイズも小さく廊下を通ることもあるので、1000円ほど安くなります。

上記の金額で解体から組み立てまでやってくれる業者もいれば、解体料金として追加で3000円ほど金額がアップする会社もあります。ベッドを引越すのなら解体料金がセットになって安い引越し業者の利用をしましょう。

大抵のベッドは自分で見ただけでは分からなくとも、解体をすることができるようになっていることがほとんどです。分解は手間もかかりますし説明書を捨てている人も多いので引越し会社にお願いするのが一般的です。

相場より安く引っ越すのなら

安い安く引っ越すためには解体がセット料金となっている会社を選ぶと良いです。

安い業者を見つけるのであれば、複数社に同時でWEB見積もりできるサービスを利用すると良いです。

1社だけではなく、3社4社の会社に見積もりをすることで料金を安くすることができるのですね。

ベッドの引越し費用が安くなる理由としては3点あげられます。

  1. 解体がセットになった業者が見つかる
  2. 価格競争によって料金が下がる
  3. 同日に近隣で引越しがあればベットだけでも手間がかからない

引越し料金は人によって金額は全く違います。それは見積もりの仕方によって簡単に金額を格安にすることができるからです。

1社での見積もりであれば引越し業者の言い値となり料金も高くなります。複数社で比較するサービスを利用することによってお客をつかむためにも引越し業者は値下げを行うのですね。

安く引越したいのであれば複数の業者に手間なしで一括見積もりできる引越し価格ガイドを利用するといいです。。引越し価格ガイドであればスマホやパソコンから3分ほどで複数の会社に見積もりをすることができます。

一度入力した住所や新住所を使って複数の引越し業者に同時に見積もり依頼ができるので手間がかからないのですね。

引越し価格ガイドであれば大手引越し業者から地域密着型の引越し業者に見積もりをすることが可能です。そのため、同日に近隣に引越しが重なっている業者があればで安くしてくれることもあります。

引越し価格ガイドでweb見積もり

解体できないベッドの引越し料金

解体できなくてもお任せ

ここから先はベッドが解体できないタイプを持っている人がご覧ください。

解体できないベッドであれば引越す方法は以下の3つとなります。

  1. 1階であれば庭から出す
  2. 2階のベランダから人力で窓から吊り下げる
  3. ベッドをクレーンで吊り下げて外に出す

どの方法で搬入出を行うかにもよって、料金は異なります

一階であればベランダから外に出すことができます。そのため、追加料金などが発生することはありません。

最近は危険などの関係から行う業者も少なくなってはいるのですが、2階であればシングルベッドのような小さいものならロープを使って作業員外数人で吊り下げてくれる会社もあります。

ただ、2階までで3階以上となると人力は危険が伴うので行われません。大抵はクレーン車を利用して搬入出を行うことが多いです。

人力にの吊り下げは危ないので今ではやらない業者が増えています

解体に関しては料金は変わらない。
但し、解体できない場合は料金が高くなるのです。

クレーンによりベッドを引っ越す料金

クレーン業者

クレーンを使用したベッドの引越しであれば2万円~3万円程度追加でかかります。引越し業者でクレーンの業者を手配するので、車出し料の関係で高くなるのです。

ただし、マンションや家の2階以上で人力で無理な場合に関してはクレーンによって出す方法しかありません。

用意するクレーン車は大きな工事現場で使われるような大型の物ではなく、2トントラック4トントラックぐらいのサイズとなります。

ただ、どんな住宅からでもベッドを吊り上げることができるわけではありません。ベランダに面している側にクレーン車が駐車できるスペースが必要となります。

目の前に川があったり、住居がある際に関しては荷物を運びだすことはできません。そのため、解体するしか方法はないのです。解体に関しても引越し業者にお願いすることができます。

注意点としては早めに引越し業者に依頼をしておかないと断られる可能性があることです。引越し業者自体ではクレーン車を所有していないのがほとんどなので、外部の提携している会社にトラックだしをお願いしています。

そのため、トラックに空きがなければ断れらてしまいます。引越し繁忙期である1月から3月の間は空きがないことも多いので早めに引越し予約をするようにしましょう。

先ほど紹介した引越し価格ガイドであれば複数業者に見積もり依頼をすることができるので料金が安くなるだけでなく、クレーン手配をしてくれる会社を見つけることができます。

引越し価格ガイドでweb見積もり

関連記事

  1. 引越し費用の相場は総額でいくら?人数や距離を比較して目安を紹介

    引越し費用が相場より安い時期と高い時期

    引越しが多い時期を紹介しています。当然引越しが多いと言うことは業者の仕…

  2. 引越し費用の相場は総額でいくら?人数や距離を比較して目安を紹介

    引越しで犬や猫のペットを輸送する3つの方法と料金

    引越しの際にペットをどうやって新居に輸送するかを紹介しています。方法と…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP