引越し費用が払えない!借金で借りたり分割やローン払いについて

引越し費用は思っていたよりも掛かることが多いです。新居の契約となる初期費用から引越し業者への支払い。そして、退去費用まで払わなければなりません。

そのため、引越したいけど、お金が足りなくて払えないってケースは多々あります。

そんな時に考えられる方法としては3種類です。

  • 借金して用意する
  • 分割払いやローン払いにして貰う
  • クレジットカードでの支払い

しかし、そもそもクレジットカードでの支払いだと対応をしていないケースは非常にあります。
そのため、ここでは引越し費用が払えない時はどうすれば良いのかについて解説していきます。

ローンで分割して払える?

引越し時に払えない人の多くはあくまで一時的に高額な金額が発生をしてしまうからです。しかし、普段は働いているのでその場をしのげば、普通にスマホも持ってるし給料もある人がほとんどです。

そんな時に多くの人が考えるのがローンで分割で支払うことができるかです。

結論からすると引越し費用や不動産の初期費用をローン払いで対応をしている業者はあります。しかし、ごく一部となっているので、住んでいる近隣の会社で対応をしていないことは多いです。

また、ローン払いにとらわれてしまうと不動産会社や引越し会社も対応している業者に限られてしまいます。その結果、もっと条件の良い物件や安い引越し料金の会社があるにも関わらず、高額になってしまうこともあります。

業者の固定により金額が高くなってしまったり、そもそも対応をしている会社も少ないので、ローン払いはデメリットが多いといえます。

クレジットカードでの支払い!借金はしたくない

最近では誰もが1枚はクレジットカードを持っているものです。

そのため、クレカを利用して分割して支払えないか考える人も多いです。
対応している会社は少しづつ多くはなってきています。

ただ、通販の復旧でカードを使うことは増えていますが、海外の人に比べれば日本人はカードを使う人はあまり多くありません。そのためか増えてはいるものの、対応している会社が多い訳ではありません。

また、賃貸の初期費用や退去費用に関してはクレジットカードで支払うのは難しいです。引越し時は初期費用・引越し費用・退去費用に加え、新居に住んでからも費用がかかったりします。

クレジットカードだと払える部分が限定してくるので、利便性が高いとは言えないです。

おすすめはカードローンの利用

使い勝手が良いので利用する人も多いのがカードローンによる借金で一時的に対処する方法です。

知名度の高い大手の銀行でお金を借りることができます。借金となると怖いイメージや面倒なイメージがありますが、安心して利用をすることができます。

また、ATMを利用をしての引き出しができます。そのため、口座から給料を引き出すのと同じようにお金を借りることができ、返金もATMからできます。借金を返しにお店に行かなければならないなんてことはないのですね。

そのため、一時的に引越し費用で出費がかさむから借金が必要って人であれば、利用がしやすいです。

また、クレジットカードやローン払いとは違い、初期費用・引越し費用・退去費用など、会社を限定する必要もなければ、どの部分での支払いにも対応ができます。

そのため、他の方法に比べ料金が高い業者になってしまうなんてことはなく、できるだけ安い引越し業者や条件の良い物件を選ぶことも自由にできます。

引越し後はお金がかさむ!できるだけ現金が使える状況が良い!

引越し後は必要な家具が増えたりすることもあります。また、新居付近に住んだので近くを探索したり、飲食店などにも入ってみたくなるものです。

そのため、普段よりも出費が少し増えてしまうことも多いです。

また、思っていたよりも退去費用が高いなんてこともありますし、引越し時に家具が壊れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくはありません。

大抵は引越し業者の責任であれば保障があります。しかし、即日に対応をしてくる訳ではなく、保障まで時間がかかることもあります。

引越し時は初期費用などだけではなく、先が読めないことが多いのですね。その点も考えればカードローンであれば、不足の自体にも対処ができるので使い勝手が良いと利用する人がいるのも納得できます。

また、今後も同じように一時的な出費に利用をすることもできます。

生きてると今回の引越しみたいに一時的にお金が必要となる時があったりしますが、必要だと感じたときに利用がいつでもできる状態にしてると便利でもあると思います。

引越し費用が払えない時のまとめ

引越しは多額の支払いがあるだけでなく、想定外の出費がでることも多いです。

  • クレジットカードであれば引越し費用のみ対応が可能。
  • ローンでの分割に対応をしているのは一部の業者。
  • カードローンであれば全てに対応できる。

日常生活で借金は必要なくても、引越し時に一時的に支払えないって人はたくさんいます。そのニーズの為に敷金礼金ゼロの初期費用の安い物件もでてきました。

しかし、家賃などが相場よりも高く、長く住むとトータルでは高くなることも多いです。あくまで需要に合わせているのであって、条件が良いように見えてるけど、掘り出し物件とは限りません。

初期費用がゼロの物件は人気なので、今契約しないと他の人に契約されてしまいます!

このように営業に言われることがあるかも知れません。

もうすでに止めた元ルームアドバイザーだからこそ書ける情報としては、あくまで営業の話は鵜呑みにしないようにするのがおすすめです。

本当に掘り出し物件なのか他の物件と照らし合わせて選ぶと失敗をしないで済むようになります。

bvc


引越し費用を安くするのであれば、引越し価格ガイドがおすすめです。

引越し価格ガイドを利用すれば複数の業者にスマホやパソコンから3分ほどで簡単にWEB見積もりすることができます。引越し業者の価格を比較するサービスなので、業者自体も見積もり金額が比べられるのは分かっています。

そのため、交渉をしなくとも最初から安い金額を提示してくれるのですね。

ヤマト、佐川、日通、アリさんマークなど大手引越し業者が登録しているサービスです。

>>>WEB見積もりできる引越し価格ガイドの口コミ

関連記事

  1. 引越し費用の相場は総額でいくら?人数や距離を比較して目安を紹介

    引越しの見積もり費用を半額まで安くする方法

    引越し見積もり金額を最大半額にすることができる方法を元ルームアドバイザ…

  2. 引越し費用の相場は総額でいくら?人数や距離を比較して目安を紹介

    引越し費用が相場より安い時期と高い時期

    引越しが多い時期を紹介しています。当然引越しが多いと言うことは業者の仕…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP