エアコン引越しの費用が安い業者

エアコンの引越しをおこなう方法は2種類あります。

  1. 引越し業者のオプション
  2. エアコン引越し専門業者

どちらの方法を選択するにしろ、結局、工事を行う人間はエアコン引越し業者の人間になります。引越し業者は基本的に自社で工事は行わないので、下請けの専門業者に手配をおこなうだけです。

その為、中間マージンが発生するので取り外しや取り付けの価格も高くなります。
エアコンの引越しは費用を安くしたいのであれば、間違いなく専門の業者にお願いした方が良いです。

専門業者への依頼自体は数分で終わらせることができます。たった、数分の手間で1万円ぐらいの価格が安くなることもあります。

エアコン引越しの料金

エアコン引越し料金

引越し業者

引越し業者のオプションを利用した時にかかる金額は相場が1万4千円~2万円程度となります。各社、多少の金額に違いはあれど大きく違いはありません。

また、下請けにそのまま依頼しているだけなので割引き交渉は基本的に出来ないです。
利益が中間マージンのみなので、自社で行う引越し費用とは異なり値引きは難しいです。

この金額は現住所に設置されているエアコンの移設完了までの金額となります。取り外しを行い、新居での取り付け完了するまでの全ての工程を入れた金額になります。

エアコン引越し業者

エアコンの取り付け取り外しを行う専門業者にお願いすれば私の知る限り一番安い業者で8250円で行うことができます。

相場だと9000円~1万1千円程度になることが多いと思います。
引越し業者と比べると5千円から1万円程度安くなる可能性があります。

手配に関しても電話で直ぐ終らせることができます。

料金が安いエアコンサポートセンター

エアコンサポートセンター

エアコン引越しが安い専門業者で「エアコンサポートセンター」と呼ばれる業者があります。

この業者に取り付け、取り外し、輸送の全てを行うプランで「移設工事」があるのですが、そのときにかかる金額は8250円からとなります。

新居と現在の住んでいる距離が遠ければ料金が変わります。
北は北海道から南は沖縄まで全国対応しているので、その他の離島にお住まいでなければ利用することができます。

最短で1日で手配を行ってくれるのでお急ぎの方でも問題なく利用することが可能です。

ただ、一点注意して欲しいのが引越し手配の移設工事が8250円となります。

エアコン業者にしろ、引越し業者のオプションにしろ、「取り付け工事のみ」「取り外し工事のみ」での手配となると、単体での料金は高くなります。

エアコンは引越しのときの取り付け取り外しのセットである移設工事を利用すると安くなります。

button_001

手配は直ぐに終わる

エアコンの引越し手配をお願いするのは5分もあれば終らせることができます。
新居と旧家の住所などを業者に連絡すれば金額の提示があるので、お願いしますの一言で終了です。

納得しなければ断れば良いだけで手間は掛からないです。

引越し業者はたったこれだけのことで数千円のバックマージンを抜いているのです。エアコンの引越しは間違いなく専門業者に依頼をした方が良いです。

料金に関しては工事の際に払う業者が多いです。

ちなみにわたしが今までに行った遠距離での引越しだと神奈川県から千葉県までおこなったのですが、料金が1万円程度だったかと思います。

追加料金について

エアコン配管の料金

エアコンの工事で追加料金がかかる場合は主に「エアコンのクリーニングを行う」「配管パイプの長さが足りない」の2点です。

エアコンのクリーニングはあなた自身で行うかは選択すれば良い事です。基本的に業者もしつこく勧めるなんてことはありません。(少なくともエアコンサポートセンターを利用しましたが、しつこい勧誘は一切なかったです)

予期せぬ事態で起きるのが配管パイプの長さが足りないことです。

大抵の家ではベランダに室外機を設置して、室内に本体を設置していると思うのですが、この2つを繋ぐコードの長さが足りない場合は購入になるので料金が多少高くなります。

配管の種類は2種類あるのですが、それぞれ値段に多少変化があり、相場としては安い配管が1メートルで4000円、高い配管が1mで5000円程度が多いです。(エアコンサポートセンターは3000円と4000円の2種類)

外見からは普通のホースに見えるのですが、中を見てみると特殊な金属が入っています。そのため、普通のホースに比べれば料金は高いです。

この追加料金は引越し業者に頼もうが、エアコン専門業者に頼もうが料金に違いは基本的にはありません。どの会社問わずエアコンの引越し業者の口コミに配管を購入しないと騙されたと悪い口コミが書かれることは多いです。

ただ、騙しているのではなくホースの長さが足りなければ取り付けはできないですし、ご自身で購入をしても高くなります。

ホームセンターで配管だけ買えば安い?

旧家で使っていたホースの長さが新居では短かったので購入した経験があります。
そのときは相場も知らなかったので1メートル3000円は高いと思い、それなら自分で配管だけ用意しようと思い、ホームセンターや電気屋を回ってみました

東急ハンズなどの全国展開している大型店舗や地元にある店舗などを回っていたのですが、配管は置いていなかったです。

そのため、ヤマダ電機やヨドバシカメラなども探してみたのですが置いていませんでした。
エアコンの販売員に聞いてみたのですが、配管を購入する一般の人はほとんどいないので店舗で置いてある場所はそうそうないとのことです。

料金に関しても聞いてみたのですが、専門業者が大量に購入するのであれば少し安くなるが、一般人が購入なら1メートル3000円程度かかると思うとおっしゃっていました。

そのため、特別料金は高くないです。
そもそも、配管の販売をしているお店を探すのは難しいです。

引越し業者に頼んだら配管穴のパテ埋めをせず料金が高くなった

エアコン穴のパテ埋め
はじめて引越しをしたときに引越し業者にエアコンの移設工事をお願いしたことがあったのですが、取り外しの際に配管を通している穴をパテで埋めなかったがために退去費用が高くなった経験があります。

はじめてのことだったので知識もなく、穴は空いたままなんだと思ってたのですが、色々と調べてみたら普通はパテで穴をふさぐのが当たりまえみたいです。

工事の際に穴を埋めないと虫も普通に入ってくると思うのでおかしいなとは思っていたのですよね。

その業者が手抜きの会社だったのか、それとも引越し業者に払うマージンの関係で手抜きだったのか分りません。ただ、それ以来エアコンの移設をするときはエアコン専門業者にお願いするようにしています。

引越し業者に依頼した場合はエアコンを外した業者の名前も分らないですが、専門の業者にお願いした場合は名前も分っているので、手抜き工事することはまずないかと思います。

エアコンサポートセンターでお願いした際はパテ埋めを行ってくれました

button_001

関連記事

  1. 引越し費用の相場は総額でいくら?人数や距離を比較して目安を紹介

    引越し費用が相場より安い時期と高い時期

    引越しが多い時期を紹介しています。当然引越しが多いと言うことは業者の仕…

  2. 引越し費用の相場は総額でいくら?人数や距離を比較して目安を紹介

    ピアノ引越し料金の相場と安い業者の見つけ方

    ピアノ引越し料金の相場と安い業者の見つけ方を紹介しています。ピアノの運…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP