エレベーターなし引越し費用の相場!マンションの2階や3階に注意


引越しをする際にエレベーターがなしのマンションやアパートに住んでいる、または新居にないケースがあります。また、通路が狭くて大型の家具や家電が通らないケースがあります。

エレベーターなしや利用ができないのであれば、当然ながら荷物の運び出しや運び入れに手間がかかります。また、階段に養生を張らなければならないので枚数も必要となります。

そのため、追加料金がかかり引越し費用が少し高い料金がかかります。

どれぐらいエレベーターなしの物件だと費用が高くなるのか知りたい人も多いかと思います。そのため、追加料金の相場について解説をしていきます。

また、見積もり時の注意点についても紹介をしています。

エレベーターなしの料金の相場

エレベーターが無いマンションやアパートの引越しとなると、追加料金は何階まで荷物を持ち上げなければならないのかにもよって異なってきます。

相場としては引越す部屋の階数が増えるごとに1000円~2000円程度高くなります。

そのため、2階なら1000円~2000円、3階であれば2000円~4000円、4階なら3000円~6000円と料金が高くなります

但し、このエレベーター無しの料金に関しては一律ではありません。

荷物の量が多かったり、重い荷物が増えたりすると料金が更に追加でかかることもあります。

どれぐらいの量かもどの引越し業者を利用するかにもよって異なってきます。そのため、ヤマトや佐川や日通など、各業者に荷物を訪問して見積もりを出して貰うと良いです。

退去するマンションと新居の両方ともエレベーターが無い場合は2倍の金額が掛かります。

エレベーターに狭くて荷物が入らない

エレベータが狭くて荷物が入らないので、階段で運ばなければならないケースもあります。当然、その際にもエレベーター無しの追加料金が掛かります。

相場としても上記の金額と変わりません。

ただ、大型家具や大型家電は階段でも狭くて通れないこともあります。その際には吊り上げと呼ばれる方法を利用をして引越す必要があるので、引越し費用も高くなります。

引越しで荷物が狭くて入らない

エレベーターなしで引越しをする注意

エレベーターなしの条件で引越しをするなら注意をしなければならないことが2つあります。

  • 通路のサイズを測る
  • 訪問見積もりをして貰う
  • 費用を安くする為の見積もりの仕方

実際に運び入れをすることになる階段の広さについても確認をした方が良いです。荷物が通れないこともあります。

できれば訪問見積もりをして貰い、荷物の量についても確認をして貰った方が良いです。階段を運ぶと荷物が重くて人数が必用になることもあります。また、追加料金の確認もしておきたいことです。

引越し費用を安くする見積もりの仕方

引越し費用を安くするのであれば複数社に見積もりをすることが一番です。特にエレベーターなし物件のような特殊な条件が追加となるならなおさらです。

通常、引越し料金の決め方は定額がなく、担当の営業しだいで大きく変化します。そのため、引越し費用は半額になることもあると言われています。

そのため、複数社の見積もりをして比較をする対象を作ることで、営業も値引きに応じてくれるようになります。

特にエレベーターなし物件となると引越し業者にもよって人数や追加料金の判断も異なってきます。引越し費用を安くしたいのであれば複数社に見積もりをするようにしましょう。

WEB見積もりサイトを利用すれば最大で半額まで安くなることもあります。

WEB見積もりできる引越し価格ガイドの口コミへ

関連記事

  1. 引越し費用の相場は総額でいくら?人数や距離を比較して目安を紹介

    引越し費用が相場より安い時期と高い時期

    引越しが多い時期を紹介しています。当然引越しが多いと言うことは業者の仕…

  2. 引越し費用の相場は総額でいくら?人数や距離を比較して目安を紹介

    布団だけの引越し費用の相場!梱包方法も紹介

    小さい手荷物は自分で運んで布団だけ引越し業者にお願いしたいと言うときは…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP