引越しが高いなら値引きは簡単!高い時期や5分で安くする方法

引越しが高いと思うことはありませんか?

しかし、ちょっとしたことで金額を安くするのは簡単です。
それも半額以下の金額になるなんてこともあります。

もし、高いと感じるのなら割引き対策を行いましたでしょうか!

もし、全く対策をしていないのであれば、必ずといって良いほど引越し費用は安くなると思って良いです。それも数万円単位での金額です。

「引越し費用は半額になることも多い」

最近では知れ渡っては来ているものの、引越しの回数が少ないと知らないこともあります。

引越し費用の割引きすることは簡単です。もしも引越しが高いのでもう少し安くできないかとお考えであれば、是非試してください。

数分程度の手間をかけるだけで半額になる可能性もあります。

高い引越し費用を安くする割引き方法

割引き交渉

引越しを安くする方法と言えば複数業者に見積もりをお願いすることです。

一社の価格を聞くより複数業者に価格を聞けば、引越し業者ごとに提示してくる見積もり価格は大きく異なってきます。そのため高い業者に引っかかることがなく、安い金額で引越しができます。

複数業者に見積もりを依頼することで安くなるのは他にも理由があります。

引越しは宅配便とは違い量に対しての決まった金額はありません。同じ荷物の量で距離が同じだとしても価格は変わります。ようするに人よりも高い金額を見積もりしているケースも多いのですね。

しかし、複数業者に依頼をすることでそれが難しくなります。高ければ安い業者の利用をされてしまうからです。

引越し業者からしてもお客さんを掴むためには多少の値下げをすることはやむを得ないのですね。必ず引越しの見積もりを依頼する時は他社にも依頼していることを伝えるようにしましょう。それだけでも金額が大きく変わってきます。

他社に取られるのであれば利益は低くても、利益を出すことはできますからね。

割引き交渉をするのがめんどうなら一括見積もり

一括見積もり

複数業者に他の業者にもお願いしていることを伝え割引きしてもらう方法は手間がかかります。3社、4社と電話して毎回伝えて交渉しなければならないからです。

しかし、一括見積もりサービスを使えばその手間を省くことができます。

「引越し価格ガイド」と呼ばれる一括見積もりサービスを使えば最大10社から見積もり価格の提示があります。

使用料に関しては無料で行うことができます。

また、一括見積もりサービスを利用することで他社と価格の比較をしているのは分かります。そのため、自社で依頼をして貰うためにも、最初から安い金額を提示されることも非常に多いです。

めんどうな手間を一切省いてくれるのです。
数分で終わる手間で最大で半額まで安くなることもあるので利用をしない手はありません。

button_001

更に割引きしてもらうなら

割引き交渉

見積もり価格の提示が来たとしても、その金額より安くすることができる可能性はあります。

各社とも金額が提示される際に連絡が来ます。その際に他に安い業者があればその旨を伝えると、更に安くしますよのように話が簡単に進むことが多いです。先ほどと同じように他の業者で利用をするのなら安くしてでも自社を利用して欲しいからです。

もともと、引越し価格ガイドを利用していることで最初から安い金額なことがほとんどです。しかし、更に交渉をすれば安くなることもあるのですね。

そっけない態度で断るのではなく、丁重に「他の引越し業者が安い金額を提示してくれたので、そちらにお願いしようと思います」と丁寧に伝えましょう。

但し、安い価格にしてもらう為に嘘を言うのは絶対にやめましょう。嘘が発覚すれば依頼を受け持ってくれなくなってしまいます。状況によっては次回の引越し時に引越し価格ガイドを利用できなくなる可能性もあります。

もともと割引き価格を提示してくれているのに失礼なことはしてはいけません。

引越し費用の見積もりの決め方!決まった金額はない

見積もり

引越し会社とはいえ運送業なので本来は荷物の量やサイズなどで価格が決まります。

ゆうぱっくや佐川急便で配送をしたことがあるなら経験したことがあると思うのですが、荷物の量や重さ、運送距離によって値段が異なってきます。

引越しの費用も同じようになるかというと一概にそうとは言い切れないです。

  • TVや洗濯機のような家電製品
  • 洋服や食器、小物などを詰めたダンボール
  • タンスやソファーなどの大型家具

これら全てを測るには量が多すぎるので手間がかかってしまいます。そのため、ある程度の荷物の量から引越し価格を出していくのです。

同じ量と距離でも見積もりの価格は異なる

実際に引越しとなると正確な金額を出してもらうためには訪問見積もりをしていただく必要があります。

引越し業者の営業マンがあなたの家をおと連れ、運ぶ荷物の量などから価格を提示してくれるのです。

このときの引越し業者の方の認識を間違えてはいけないのですが、見積もりをする人ではなく営業の人だということです。

当然、営業成績などもかかわってくるので、出来るだけ高い金額で引越しをしてもらうようにするのが仕事です。

じゃあ、同じ荷物の量と距離でも金額が変わるの?

このように思うかも知れないですがあなたが思っているように価格は同じ量でも異なってきます。引越し業界が特殊な訳ではなく電気屋の家電営業の人も同じで交渉すれば安くなることは多いです。

引越し費用が高い時期

引越し費用が高い時期は1月~4月までの間です。

4月から就職活動を終えた人や受験を終えた大学生が交通の便の良い位置に引越しをしてきます。また、2年前に引越しをした人が更新時期となるので同じタイミングとなります。

そのため、引越しの量が一時的に増加するので費用が高くなる時期となるのですね。

安い時期にしたいのであれば5月、6月辺りに日付をずらした方が良いです。ただ、多くの引越しをするケースは更新時期などの理由によるところが多いのでずらすのが難しいことがほとんどです。

高い時期をずらせばずっと安い時期になる

引越しをするタイミングとして多いのが賃貸物件の更新時です。まれに1年毎に更新する賃貸物件もあるのですが、大抵の部屋は2年更新になります。

そのため、2年後には更新費として賃料の1ヶ月分から2ヶ月分がかかるので、それなら新居の初期費用にして引越しをしようとなるのです。

繁忙期の1月~4月に引越しを行ったのであれば、次回更新時期も1月~4月の代金が高い時期になります。しかし、少し時期をずらして5月、6月に引越しをしていれば常に年間を通して最安のタイミングで引越しをすることができます。

生活環境の関係で引越し日を変更できないのならしょうがないですが、ずらせるのであれば1ヶ月、2ヶ月と遅らせた方が良いです。

bvc


引越し費用を安くするのであれば、引越し価格ガイドがおすすめです。

引越し価格ガイドを利用すれば複数の業者にスマホやパソコンから3分ほどで簡単にWEB見積もりすることができます。引越し業者の価格を比較するサービスなので、業者自体も見積もり金額が比べられるのは分かっています。

そのため、交渉をしなくとも最初から安い金額を提示してくれるのですね。

ヤマト、佐川、日通、アリさんマークなど大手引越し業者が登録しているサービスです。

>>>WEB見積もりできる引越し価格ガイドの口コミ

関連記事

  1. 安い価格で引越しをする方法のまとめ!荷物が少ないから安いのではない

    エアコン引越しの費用が安い業者

    エアコン引越し料金は専門業者に依頼しないと価格が高くなります。引越し業…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP