布団の引越しの梱包方法!荷造りの仕方や布団袋

引越しの際に布団の梱包方法に悩む人は多いです。日常で布団の運搬なんて行うことはないので、どうすれば良いのか手間取ってしまうことも多いです。

布団の引越しであればカビたりすることもあるので、梱包には注意をしなければなりません。

新居に荷物を運びいれたものの、寝具を使えないなんてこともあります。丁寧に詰めていく必要があるのですね。

ここでは布団の梱包方法から安くする方法について解説しています。また、ダンボールに詰めても良いのかなどの疑問も解決することができるようになっています。

動画付きで紹介をしているので、是非ご覧ください。

【動画】引越しの布団の梱包方法

引越し時の布団を梱包する方法としては布団袋か圧縮袋を利用します。

布団袋よりは圧縮袋の方がコンパクトにすることができるのでおすすめではあります。スペースを取らないだけでなく、持ち運びもしやすくなります。また、ビニール製なので防水対策や臭いが移るのを防ぐことができます。

荷物の運び出しから運びいれまで日にちが空くと倉庫に置くことになります。そのため、密封がされていのと臭いが付いてしまうこともあるのですね。

羽毛布団であれば空気を抜いてコンパクトにすることで、劣化や潰れる恐れがあります。そのため、布団袋の利用がおすすめとなります。

圧縮袋であれば安いのなら1000円からネット通販やホームセンター、ニトリなどで購入することが可能です。但し、引越し業者で無料で貸し出しや用意をしてくれることもあります。

購入をするのであれば引越し業者に事前に問い合わせをして見ましょう。見積もりがまだであれば、訪問見積もり時にレンタル代も含めた料金を聞くと良いです。

紐でくるんだりする簡易的なのだと、外れて地面に落ちるもあります。布団が汚れてしまうこともあるのでおすすめできません。

引越しの準備がまだの方は下記も合わせてご覧ください。
引越し準備

梱包剤込みで布団の引越し費用を安くする方法

布団袋や大型の圧縮袋が家庭に無いことは多いです。

しかし、購入をするのはお金もかかりますし、手間もかかります。引越しでの布団の梱包はめんどうなことが多いのですね。

引越し時に布団の圧縮袋がお持ちでないのなら、複数の業者に見積もりをするのがおすすめです。メリットとしては下記の3つがあります。

  1. 布団の梱包袋込みの安い業者を見つけられる
  2. 交渉をせずに割引価格で引越せる
  3. 手間がかからない

引越し費用を安くする為に複数社に見積もりを出して貰い、金額やサービスを比較して費用を安くする方法は辺り前となりました。しかし、価格を安くしたいのであれば交渉の手間が必要となってきます。

最近では交渉の手間がかからずに料金を安くする方法が人気となっています。

スマホやパソコンから複数の業者に一括で見積もりをすることができるので、各引越し業者が顧客を獲得する為に最初から安い金額を提示することが多いです。

布団袋の梱包剤込みでも一社に見積もりをするのに比べ、必ずといって良いほど安くなることが多いです。

引越し価格ガイドの詳細へ

ダンボールに布団を入れても良い?布団の荷造りについて

布団袋がないとダンボールに詰めれば良いかなと考えることもあります。

引越し業者に運んで貰えなくなったりする訳ではないですが、おすすめはできません。ダンボールに入れてしまうと湿気が充満しやすいです。そのため、カビが生えてしまう可能性が高くなります。

引越し当日に雨が降ることもあります。また、前日が雨でだとトラックに湿気が溜まっていることや水分が残っていることがあります。

そのため、ダンボールが濡れたり、トラックの中の湿気によって布団がかびてしまう可能性がでてくるのですね。また、密閉がされていないので、トラックの臭いが布団にこびる付く可能性もあります。

寝具なので清潔な状態が保てるようにしましょう。

引越し業者ではなくレンタカーで自分で運ぶ!その際の梱包はどうする?

引越し費用を安くする為に、自家用車やレンタカーを利用して荷物を運ぶこともあります。それであれば、布団袋でも圧縮袋でもどちらでも問題はありません。

梱包をするよりは荷台のクッション剤として利用をするのもひとつの手です。しかし、その際には圧縮袋のような密閉されたもので汚れたりしないよう対策が必要となります。

自分でレンタカーで引越すのなら、当日のうちに新居への運び入れがが完了するはずです。そのため、カビる心配はする必用はないですが、匂い対策として袋には入れてください。

レンタカーでの引越し体験談

bvc


引越し費用を安くするのであれば、引越し価格ガイドがおすすめです。

引越し価格ガイドを利用すれば複数の業者にスマホやパソコンから3分ほどで簡単にWEB見積もりすることができます。引越し業者の価格を比較するサービスなので、業者自体も見積もり金額が比べられるのは分かっています。

そのため、交渉をしなくとも最初から安い金額を提示してくれるのですね。

ヤマト、佐川、日通、アリさんマークなど大手引越し業者が登録しているサービスです。

>>>WEB見積もりできる引越し価格ガイドの口コミ

関連記事

  1. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越しで必用な物リスト!用意すると便利な物も紹介

    引越し時に用意する必需品について紹介しています。最低限用意しておけば問…

  2. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越しを簡単にする方法!見積もりを安くするテクニック

    引越しを簡単にするテクニックを紹介しています。単純なことなのですが、こ…

  3. 引越しの荷造りのを簡単にするコツ!家具や家電の荷造りの仕方

    引越しでテレビの梱包や運び方!新居での設置や取り付け

    引越しの時にテレビをどのように梱包すれば良いかを紹介しています。1分程…

  4. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越し時の粗大ゴミの回収や処分!安くする方法も紹介

    引越しの際に廃棄することにした粗大ゴミを驚異的に安くする方法を紹介して…

  5. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越しの荷造りのタイミング!いつからはじめる

    引越しの荷作りはいつ頃始めれば良いのか紹介しています。単身の場合と家族…

  6. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越しでスーツがシワにならない畳み方と梱包方法

    引越しのときにスーツやジャケットがシワにならないようにする方法を紹介し…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP