自転車を引越しの際にどうやって運ぶ?

引越しの際に困る大型荷物が自転車の引越しです。

自分で引越しをする場合に車に積みきれないなんてこともあります。
トラックで引越しをするのであればつむ事はできるのですが、場所もとるので邪魔になりがちです。

そのため、引越し業者に依頼するのが一番楽だと思います。

1.2万円程度のママチャリで随分乗っていると言うのであれば廃棄して新しく新居で購入するという方法もあります。
しかし、新居の賃貸料の初期費用や引越し料金でお金を掛けたくないと言う場合もあるので、引越し業者に荷物と一緒に持っていってもらうのが一番ですね。

近場の距離での引越しであれば良いのですが、長距離の引越しである場合は乗って移動することも難しいです。

自転車を引越し業者に依頼した場合の料金

自転車の業者の配送料は決して安いものではないです。
その理由と言うのもどうしてもサイズが大きいのでかさばるのです。
そして、普通のダンボールなどであればその上に荷物を積み重ねるなんてことができますが、自転車の場合はそれができないのであまり請け負いたくないと言う理由で料金が高いです。

では、大体いくらぐらいが相場となるのでしょうか?

距離のもよって変わってはくるので1万円ぐらいは考えておいた方が良いです。
自転車一つの配送料としてはちょっと高いですよね。

そのため、もしできるのであれば自家用車に積み込んだ方が無難です。
または、新居に引っ越すにあたり新生活と言うこともかねて新しく自転車を買い換えると言う手もあります。

まずは、引越し業者に見積もりを出してもらってそれから決めるのが良いと思います。

自転車の引越し料金を安くする方法

わたしが自転車の引越しを安くする方法を紹介します。

引越し業者1社に連絡したのであれば1万円程かかりますよと正規の値段を言われてしまいます。
その金額で行っているので当然ですよね。

わたしは引越しをする際は出来るだけ料金を抑えたいので一括見積もりサービスで複数者に依頼を出してそこから安い業者に依頼をするようにしているのですが、そのサービスを使うことによって引越し代金が安い業者を見つけるだけではなく、自転車の料金も安くしてもらえる可能性が高いのです。

引越しの一括見積もりを行えば当然、見積もりを出す業者は他の引越し業者にも連絡が言っているのがわかっています。
そのため、価格の競争を行うのですがそこで自転車がネックになっていることを伝えるのです。

自転車を運ぶの自体はそこまで大変な作業ではないです。
かさむのでやりたくないと言う理由が大きいため料金がある程度高くなっている部分があるのですが、そこでお客さんをつかめるのならと当然サービスを行ってくれる可能性があります。

引越し代金を安くすることが出来るだけでなく自転車も安く運んでもらえる可能性が非常に高くなるのです。

bvc


引越し費用を安くするのであれば、引越し価格ガイドがおすすめです。

引越し価格ガイドを利用すれば複数の業者にスマホやパソコンから3分ほどで簡単にWEB見積もりすることができます。引越し業者の価格を比較するサービスなので、業者自体も見積もり金額が比べられるのは分かっています。

そのため、交渉をしなくとも最初から安い金額を提示してくれるのですね。

ヤマト、佐川、日通、アリさんマークなど大手引越し業者が登録しているサービスです。

>>>WEB見積もりできる引越し価格ガイドの口コミ

関連記事

  1. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    布団の引越しの梱包方法!荷造りの仕方や布団袋

    引越しの際の布団の荷造り方法を紹介しています。きちんと荷造りをしないと…

  2. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越しでスーツがシワにならない畳み方と梱包方法

    引越しのときにスーツやジャケットがシワにならないようにする方法を紹介し…

  3. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越しの荷造りのタイミング!いつからはじめる

    引越しの荷作りはいつ頃始めれば良いのか紹介しています。単身の場合と家族…

  4. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越し前にパソコンのバックアップは必ず

    引越しの最中と言うのはパソコンのような精密機械は壊れる可能性は高いです…

  5. 引越し準備のコツと段取りの順番!めんどくさいことを簡単にする

    引越しで灯油は運べる?それとも処分?

    引越しの時に灯油はどうすれば良いのか紹介しています。灯油は業者が運んで…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP