引越しの際にタンスの中身を抜かなければいけない物

引越しの際にタンスの中身が洋服などで詰まっている可能性は非常に高いです。

しかし、引越し業者に頼むと中身を抜いた方が良いものなのか心配になるものです。
なかには中身はそのままですよと言ってくれる業者もいますけど、実際の所はどうした方が良いのでしょうか?

  • 業者に頼むのなら中身は抜かなくて良い
  • タンスの中身を抜いておいた方が良い場合
  • 重いタンスなら見られて嫌な物は抜いておく

佐川なのかアートなのかヤマトなのかにもよって対応は異なってきます。

業者に頼むのなら中身は抜かなくて良い

引越し業者に頼むのなら中身は抜かなくて良い場合がほとんどです。
但し、業者によって代わってくる場合があります。

昔は中身を抜くのが一般的ではあったのですが、最近はほとんどそのままの状態で運んでくれる業者は非常に増えています。
しかし、まだ、少なからず抜いておいてくださいなんて業者もいるのは確かです。

そのため、あらかじめ業者に確認しておいた方が良いです。

但し、洋服以外のものをつめているときはその旨を伝えておいた方が良いです。
どれぐらいの重さなのか?
割れ物ではないのか?

割れ物であれば必ず抜くようにしておきましょう。
タンスのような重い荷物を運んでいるときに中に割れ物が入っているなどの気お使う余裕がない場合がほとんどです。

タンスの中身を抜いておいた方が良い場合

中身を抜かなくて良い場合に関してはそんなに重くないタンスに限ります。
例えば結婚のときに祝いとしてもらうような大きな和ダンスであればつくりがしっかりしていて非常に重い場合があります。

そういったあまりにも重量のあるタンスであれば業者の人でも中身が入っている場合、さすがに運べないなんてケースもあります。
自分で多少揺らしてみて、動く程度の重さであれば問題はないと思います。

しかし、全く微動だにしないタンスであれば中身は抜いておいた方が良いです。

重いタンスなら見られて嫌な物は抜いておく

引越し業者も人間なのであまりに重いタンスに関しては運ぶのが困難な場合があります。
特に階段で運ぶとなると厳しい可能性は上がります。

そういった場合はどうやって運ぶかと言うと、中身の棚だけはずして外枠と棚を別々に運んでいきます。
しかし、こうなってしまった場合、当然タンスの中身が人の目に触れてしまうことになります。

そのため、あらかじめ見られたくないような物は別にしてダンボールなどに閉まっておいた方が良いです。
男性なら気にしない人もいるのかも知れないですが、女性の下着などは必ず別にしておきましょう。

見られて恥かしいと言う気持ちもありますし、引越し業者の人からしても目のやり場に困ってしまいます。
そのため、人の目に触れられて困るものに関してはいくら軽いタンスだとしても万が一を考えて別の物に詰めておく方がいいです。

引越しの準備の最中であれば下記もあわせてご覧ください。。
引越しの準備について

bvc


引越し費用を安くするのであれば、引越し価格ガイドがおすすめです。

引越し価格ガイドを利用すれば複数の業者にスマホやパソコンから3分ほどで簡単にWEB見積もりすることができます。引越し業者の価格を比較するサービスなので、業者自体も見積もり金額が比べられるのは分かっています。

そのため、交渉をしなくとも最初から安い金額を提示してくれるのですね。

ヤマト、佐川、日通、アリさんマークなど大手引越し業者が登録しているサービスです。

>>>WEB見積もりできる引越し価格ガイドの口コミ

関連記事

  1. Q&A

    引越しの繁忙期はいつ?料金を安くしたいなら外そう

    1月、2月、3月、4月の引越し繁忙期に引越しする際に注意しておいた方が…

  2. Q&A

    引越し業者のトラックの同乗について!一緒に乗れる?

    引越し業者のトラックに同乗できるのか紹介しています。トラックの横に乗せ…

  3. Q&A

    引越しの作業員のドリンクの用意は必要?

    引越し当日に業者の方にドリンクを用意した方が良いのか迷われる方は非常に…

  4. Q&A

    引越し業者へのお礼は必要なのか?

    引越し業者へのお礼は必要なのか紹介しています。お礼と言っても一概に何を…

  5. Q&A

    夜間の引越しについて!安くする方法と引越し業者の見つけ方

    昼間よりも引越しを安く行ってくれる業者の見つけ方を紹介しています。引越…

  6. Q&A

    引越しに立会いは必要?作業日や大家との立会いのコツや注意

    引越しの際の立会いについて紹介しています。仕事が忙しくて立会いの時間が…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP