引越し業者に依頼するメリットとデメリット

引越しをする際に迷うのが業者に依頼をしようか自分で運ぶかってことです。

できるだけ費用は安く抑えたいものです。
そのため、自分でレンタカーを借りたり自家用車を使って荷物の運び入れをするのもひとつの選択肢です。

特に単身で引越すのであれば荷物の量も少ないですからね。

ここでは引越し業者を使うことによるメリットやデメリットについて解説していきます。

メリット

引越し
引越し業者に頼むことによって得られる一番のメリットは手間がかからない事です。
引越しは沢山の荷物を運ぶので翌日筋肉痛になるほど大変な重労働です。

しかし、業者に頼めば荷物を運搬を行ってくれるので力を使う必要が全くないのです。

そして、一人で運べない荷物でも新居へ移すことができます。

冷蔵庫、ソファー、洗濯機、大型タンス、ベッドなどは一人ではどうしても運ぶことが出来ません。
最低限、成人男性が2名いないと動かすことができないほど重いですからね。

自分で運ぼうとすると友人に頼むなどして人員を確保しない限り運ぶことは不可能に近いです。
しかし、手伝うよと気軽に言う人は多いですが実際当日になると予定が出来たなどの良い訳を行い、表れないなんてこともあります。

友人に引越す場合はこういった事態が起きて、引越さなければならないのにその日に引越せないなんて可能性もあるので注意してください。

また、引越し作業中に起きた傷などの保障を業者が行ってくれます。

重い荷物をせまい廊下などを運んでいると起こりがちなのですが、クロスやフローリング、扉などに引っ掛けてしまい傷が付いてしまったなんてのは良くある話です。

しかし、それが引越し業者が行ったのであれば保障してくれるのでそういった心配をする必要はありません。

デメリット

お金
一番のデメリットは引越し費用がかかります。
当然、無料で行ってくれる訳ではないですからね。

そして2つ目の点としてトラブルのことを考えて証拠を集めなければならないと言う事です。

荷物を運んでいる際に傷などが付いてしまうことは大いに考えられるのですが、それが、引越し業者が付けた傷であることを証明できないと保障してくれないケースがほとんどです。

そのため、保障があるからと引越し業者に頼んだにもかかわらず、自分で事前に部屋の写真を取るなどを行いいつ付いた傷なのかが証明できるようにしていなければなりません。

これに関しては別に行わなくても良いのですが、トラブルのことを考えて行っておいた方が良いです。

実際に部屋の写真を撮るなどの証拠を集めていなかったがために、証拠がないので引越し業者が保障をしてくれないなんてケースは多く見かけます。

引越し業者としても付けた傷が本当に自社の人間かが分らないと保障はできないですから当然と言えば当然なのかも知れません。

bvc


引越し費用を安くするのであれば、引越し価格ガイドがおすすめです。

引越し価格ガイドを利用すれば複数の業者にスマホやパソコンから3分ほどで簡単にWEB見積もりすることができます。引越し業者の価格を比較するサービスなので、業者自体も見積もり金額が比べられるのは分かっています。

そのため、交渉をしなくとも最初から安い金額を提示してくれるのですね。

ヤマト、佐川、日通、アリさんマークなど大手引越し業者が登録しているサービスです。

>>>WEB見積もりできる引越し価格ガイドの口コミ

関連記事

  1. Q&A

    引越しに使う養生の意味と本当に必要なのか?

    引越しの時に使う養生について紹介しています。養生は引越し業者が持ってく…

  2. Q&A

    引越しの作業員のドリンクの用意は必要?

    引越し当日に業者の方にドリンクを用意した方が良いのか迷われる方は非常に…

  3. Q&A

    引越し当日の貴重品の保管場所や紛失時の保障について

    引越し当日に関しても貴重品と言うのは厳重に扱わなければいけません。引越…

  4. Q&A

    夜間の引越しについて!安くする方法と引越し業者の見つけ方

    昼間よりも引越しを安く行ってくれる業者の見つけ方を紹介しています。引越…

  5. Q&A

    引越しの繁忙期はいつ?料金を安くしたいなら外そう

    1月、2月、3月、4月の引越し繁忙期に引越しする際に注意しておいた方が…

  6. Q&A

    引越しに立会いは必要?作業日や大家との立会いのコツや注意

    引越しの際の立会いについて紹介しています。仕事が忙しくて立会いの時間が…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP