引越しで荷物が狭くて入らない!ピアノやテーブルを入れる方法

引越しをしたにも関わらず廊下の幅が狭く荷物が入らないことがあります。不動産会社と一緒に部屋の内見をしたけど、どうやって荷物を入れようかと困るケースもあります。

大型の家具や家電を運ぶこととなる引越しは荷物が入らないトラブルは非常に多いです。一軒屋のような一戸建てであれば問題はありません。

しかし、マンションの2階や3階に住むことになったり、一軒屋で荷物を2階に入れたりする際にはこのようなトラブルが起きます。

結論からすると荷物を入れる方法はあります。
ただ、周辺環境にもよって入れられないケースもあります。

ここでは引越し時に荷物が入らない際に入れる方法について紹介をしていきます。

入らない荷物を入れる方法は2種類

引越し業者であれば、吊るし上げと言う方法でベランダのバルコニー側から荷物を固定して吊るし上げるという方法を行います。

人力で行うこともあれば、クレーン車を利用することもあります。
ベランダの1階の状況や道幅などによってどちらの方法を行うかが異なってきます。

そして、その周辺環境次第ではどちらの方法も行えないことがあります。

人力による吊り下ろしや吊り上げ

4、5人集まって行うのがロープを使って人力で吊り上げる方法です。また、荷物を外に出す際に人力で吊り下ろしすることもできます。

ただ、人力で行えるケースはタンスやテーブルのような家具で窓から出せるタイプの物となります。また、あまりにも重量がある物に関しては危険なので行えません。

また、周辺環境としては1階部分に荷物を降ろすことができる状況が必要となります。

隣の建物までの距離が近かったり、1階部分にスペースがない場合に関しては行えません。ピアノであればアップライトピアノであれば可能でも、音楽室にあるような大型の物に関しては難しいです。

トラックを使った吊り下ろしや吊り上げ

トラックといっても工事現場にあるような大型の物ではありません。

比較的小さめのトラックの荷台にクレーンが装備されているタイプの車種があります。ユニッククレーンと呼ばれるものです。

外からクレーンで窓から荷物を入れることができるので、家庭にある荷物程度の重量であれば問題はないです。

ただ、周辺環境が大事となります。トラックを通路に置くことができる状況でなければ行えません。また、マンションンの高層階に関しても無理です。

3階、4階、5階であれば行ってくれます。

引越し業者でクレーンで吊るし上げをしてもらった場合の料金

素人ではまず無理なので引越し業者に頼むことになるのですが、このクレーンの吊るし上げなどは普通の引越し料金とは別にオプションとして料金がかかってきます。

その、料金も時期や引越し業者によってまちまちです。3万円~7万円ぐらいかかることもあるので安くはないです。

また、各引越し業者が用意できる数も多い訳ではありません。そのため、事前に予約をしていないと指定する日に荷物を入れるのが難しいこともあります。

クレーンによる吊り上げや吊り下ろしは行わない、引越し業者も多いです。そのため、複数の会社に連絡をして手配ができるかの確認をしなければなりません。

そのため、複数社に見積もりができる「引越し価格ガイド」のようなサービスを使うと簡単に見つけることができるのでおすすめです。

引越し価格ガイドの詳細へ

引越し当日に荷物が入らないと言われた

引越しの作業日に荷物を入れようとしたものの、入らないことも非常に多いです。その場は外に置いたりするしかありません。マンションやアパートで管理人がその場にいるのであれば、一言理由を伝えたほうが良いです。

ただ、その場にずっと置いておくことはできないです。

そのため、できる対策としては捨てるか別の日に業者に頼むかのどちらかです。ただ、同じ引越し業者に頼むとなると高い金額を請求されることもあります。

どうしても入れなければいけないのは分かっているからです。

そのため、他の引越し業者にも見積もりをするなどして、比較をした方が良いです。クレーンや人力によって荷物を中に入れるのは料金の幅も全く違います。

少しでも安くできる業者を見つけた方が良いのですね。

引越し業者が下見をしても入らない!採寸にも限界がある

引越し業者が事前に下見をしたにも関わらず荷物が入らないなんてこともあります。ただ、下見をしても限度があります。

大型の家具や家電となると倒したり、斜めにすることで通路を通れるようになる可能性があります。実際に試して見なければ正確なことは分からないのですね。

ただ、引越し業者を利用した側からしたら事前に下見をしているので、吊り上げの費用なども負担をして欲しいものです。しかし、負担をしない対応をする引越し業者も多いです。

そのため、後は交渉をして話しをするしかありません。ただ、下見をすれば補償を必ずするなどの話はしていないので、負担をして貰うのは難しく、他の引越し業者に頼むケースが多いです。

bvc


引越し費用を安くするのであれば、引越し価格ガイドがおすすめです。

引越し価格ガイドを利用すれば複数の業者にスマホやパソコンから3分ほどで簡単にWEB見積もりすることができます。引越し業者の価格を比較するサービスなので、業者自体も見積もり金額が比べられるのは分かっています。

そのため、交渉をしなくとも最初から安い金額を提示してくれるのですね。

ヤマト、佐川、日通、アリさんマークなど大手引越し業者が登録しているサービスです。

>>>WEB見積もりできる引越し価格ガイドの口コミ

関連記事

  1. 良くあるトラブル

    マンションに引越す際の注意点!入居前からもめないように

    マンションのような集合住宅に引越すのであれば、一戸建てと違い注意しなけ…

  2. 良くあるトラブル

    一戸建てや一軒家に引越しの際の注意!

    一戸建てのような一軒家に引越す際の注意点を紹介しています。一軒家の場合…

  3. 良くあるトラブル

    引越しで業者に傷を付けられた!壁やフローリングに注意

    引越し業者が壁に傷をつけてしまう場合もあります。重いものを運んでいるの…

  4. 良くあるトラブル

    引越しで注意するサイフや荷物の盗難対策や盗難届けについて

    引越し時の盗難対策について紹介しています。引越しの最中は盗難に合いやす…

  5. 良くあるトラブル

    引越し先のマンションで階段を通らない大きい荷物は吊り上げ

    引越し先のマンションの階段がせまくて大きい荷物を運ぶことができないなん…

  6. 良くあるトラブル

    一人暮らしの女性の引越しの注意!タンスの中の下着やストーカー対策

    女性が引越しをする際には注意をしなければいけないことがあります。セキュ…

人気の記事

最近の記事

PAGE TOP